天与の治癒システムとしての「尿療法」

  「人が地球上に初めて出現したとき、絶滅から身を守るために何かの準備がなされていたに違いありません。実際、食物、衣類、身を隠すところはすべて地球に用意されており、人間は物質的な要求を満たすためには、それを求めて働きかければ良かったのです。その事実を考えると、病気からの回復という生存に関わる重大事も無視されているはずはなく、人間が健康を維持し、回復する手段も常に手近にあり、実践が容易で、すばらしくシンプルで、誰の手にも自由に入るものだと予測出来ます。」

  この一文は「信仰の立場」にたつ人の言葉かもしれませんが、人類の進化の歴史をふまえて人体の免疫システムを考察した安保徹先生の視点から考えても、極めて妥当する内容です。つまり、三十五億年の進化の歴史を通じて、地上で最も洗練された免疫システムを発展させていると考えられる人間の人体システムがその歴史を通じて、各種疾患に罹患した際に、自己治癒力を強化するシステムを持っていないはずがない、という理解です。

Created by Yuri Ishikawa
お知らせ
お問い合わせ
​参加申込み
Facebook

電話番号:中尾守正             

TEL:070-5036-1861  FAX:0564-52-1861